ホームページデザイン制作のライティングのコツ伝授

読者目線に立ったホームページライティング

読者目線に立ったホームページライティング

読者目線に立ち、見易く惹き付けられる文章をライティングすることもアクセスアップには重要になってきます。

 

・出来るだけ簡略化する
web上の文章・画面は、活字の書籍と比べて長時間の観覧は大きな疲労感を読者に感じさせる為、無数の文字が延々と並んでいるページは見る気を失わせます。
出来るだけ内容を簡略化し、文章も硬くなり過ぎず少し崩すなどして読者を疲れさせない工夫が大切になります。

 

・見出しや箇条書きを付ける
文章が長くなる場合は、見出しをつけ話題を分ける事で大分スッキリとし読み易くなります。長さにもよりますが3〜5つ程度の見出しに分けると
読者も読み易いでしょう、
また手順の説明や要点を列挙する場合は、無理に一文にせず箇条書きにする事で見易くなります。

 

・綺麗な流れを組む
1つの記事やページに複数の異なる話題が盛り込まれていたり、話が途中で反れたりする文章は読みづらく頭に入り難いです。
一つのページに挙げる話題は出来るだけ一つとして、「起承転結」を意識した流れとする事が望ましいです。

 

・画像や配色を工夫する
文字だけのページというのはどうしても読者に疲労感を与えます。
適度に文章内容に見合った画像や配色の工夫(背景色を変えたり、強調する文の色を変えるなど)を取り入れる事で見易くなります。

 

・惹き付けられるキャッチコピー
題名や見出しに使う文章はキャッチコピーになりますので、中身が気になり見たくなりそうな文とするのがアクセスアップには大切です。
出来るだけ印象的なフレーズを使うのが効果的です
また完全にネタバレするのではなくある程度本題は隠して惹き付けるのも効果的です。(中身とかけ離れすぎているのはよくありません。)

 

 

読者目線に立ったライティングをする事で、初めて観覧した方も最後までしっかりと読んでくれる確率が上がりますし、
今後リピーターになってくれる事もあります。
リピーターを獲得できればお気に入りなどから直接訪問してくれますので、一種のSEO対策ともなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ